麻生区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(麻生区)―

津田 則子 院長/千代ヶ丘 津田眼科(新百合ヶ丘駅・眼科)の院長紹介ページ

津田 則子 院長

NORIKO TSUDA

眼科専門医ならではのスキルをいかして
患者様の「不安」が「安心」に変わる診療を

昭和大学医学部を卒業後、眼科医として研鑽を積む。大学病院や開業医のもとで経験を重ね、川崎市にて開業。

津田 則子 院長

津田 則子 院長

千代ヶ丘 津田眼科

麻生区/千代ヶ丘/新百合ヶ丘駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科

白内障手術に感銘を受け、眼科を専門に研鑽を積む

津田 則子 院長

父が外科医だったものですから、子供の頃から医療の世界を身近に感じていたのかもしれません。私としてはごく自然な流れのままに、医学部に進んだという気がします。私が大学生だった当時は、ちょうど白内障手術がスタートした頃だったんですね。それまで見えなかった患者様が、手術によって見えるようになる。手術そのものの素晴らしさはもちろん、患者様が喜ばれている姿にも感激して、眼科を専門にしようと決めました。

開業から20年あまり、地域に根ざした診療を続ける

津田 則子 院長

『津田眼科』を開設するまでは、母校の大学病院や町のクリニックで診療していました。そうして10年あまり経験を重ねるなか、私なりに「やりたい」と思える医療の形が見えてきたんですね。患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、お困りのことを解決してさしあげたい。そんな風に考えて、クリニックの開設を決めました。
この地域で診療をはじめて20年あまり、最初はまだ小さかった子が成長して、ご自分のお子さんを連れて受診してくださったり、おばぁちゃまがお孫さんの手をひいて来院されたり。2世代、3世代にわたるお付き合いという患者様が多くいらっしゃることは、開業医ならではの喜びであり、本当にありがたいことだと思っています。教科書的な経過をとる病気は少なく、その方その方で症状の現れ方も薬の利き方も異なります。「病を見ずして人を見よ」と昔から言われている所 以ですが、そういう意味で私たちは、患者様に教えられ育てていただいてここまで来ました。その事への感謝の気持ちを常に持ちながら日々診療にあたっています。

眼科専門医ならではのスキルをいかして、目のトラブルに幅広く対応

津田 則子 院長

当院では子供たちの斜視・弱視をはじめ、ご高齢の方の白内障手術など、目にまつわる症状を幅広く診療しています。実際に、来院される患者様も学校健診でチェックが入ったり、人間ドックなどで「緑内障が疑われる」と判定された方など、さまざまです。当院にはベテランの優秀な視能訓練士がおり、長年にわたり斜視や弱視の治療にも力を入れてきました。また、緑内障は、40歳を過ぎた20人に1人が発症すると言われ、とくに自覚症状がないままに進行する病気です。定期的に通院していただいたり、お薬を使っていただくことで症状をコントロールすることはできるのですが、痛い・かゆいといった自覚症状がないだけに、患者様にご理解いただくのはなかなか難しいんですね。でも、緑内障やドライアイなどは、患者様ご自身にきちんとご理解いただき、主体的に取り組んでいただくことが大切ですから、私としても丁寧に言葉を尽くしていきたいと思います。
長く診療を続けていると優秀なドクターと出会う機会もあり、患者様への負担が少ない白内障手術などもご提供できるようになりました。大学病院に出向いて、長い時間待ってようやく診察してもらえるといったストレスなく、地域の中で大学病院レベルの診療をご提供できる点も当院の強みです。幸い、2人の娘もそろって眼科医になりましたので、いずれはこの医院を継いで、地域医療の一端を担ってくれると思います。

患者様の「不安」が「安心」に変わる診療を

ひと昔前の医師は、学校の「先生」のように、患者様にあれこれとご指導したものです。でも、そうした先生と生徒のような関係性では、患者様も心に思っていることを話すことが難しいですよね。悪い所を治すだけではなく、患者様が本当にお困りのことを解決してさしあげる、それこそが本物の医療ではないでしょうか。
私は診察するとき、患者様お1人お1人の話にしっかり耳を傾けて、心の中にあるお悩みまでくみ取るようにしています。そうして、診察が終わってお帰りになるときの患者様のお顔を見て、もしも不安が消えていないようでしたら、「他には何かありませんか?」と聞いてみるんです。何か気になることがあったり、心配なことがあって不安な様子の患者様も、ここに来たことで気持ちがスッキリして、最後にはニコニコと笑顔でお帰りになる。そんな診療をしたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

『津田眼科』の最寄り駅は「新百合ヶ丘駅」になり、駅からバスをご利用いただくと便利です。また、駐車場のご用意もありますので、お車の場合はこちらをご利用ください。
不安なお気持ちの患者様も、ここに来るだけで心がなごむように、人の手のぬくもりが伝わるようなリラックスした雰囲気づくりを心がけています。お子さんの斜視・弱視、ドライアイのお悩みや、白内障・緑内障の治療など。何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。また、年齢を重ねていきますと、老眼も気になるところです。「手元が見えづらい」と感じることがありましたら、すぐに眼鏡を買うのではなく、まずは専門医を受診してみると良いですね。40歳を過ぎた方は、緑内障の検査を含めて、目の機能をひと通りチェックしてみることをおすすめします。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

津田 則子 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書、日本画
  • 好きな作家:原田マハ・吉本ばなな・中野京子・浅田次郎・東野圭吾
  • 好きな言葉:『思いやり』
  • 好きな場所:京都、沖縄

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート