麻生区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(麻生区)―

南保 友樹 院長/なんぽ歯科クリニック新百合ヶ丘(新百合ヶ丘駅・歯科)の院長紹介ページ

南保 友樹 院長

TOMOKI NAMPO

早めの矯正と定期的なケアで生涯健康な歯を守る

昭和大学歯学部卒業、同大学歯学部矯正学教室大学院卒業、同教室の助教を経て、2013年に小田急線新百合ヶ丘駅に「なんぽ歯科クリニック新百合ヶ丘」を開院。

南保 友樹 院長

南保 友樹 院長

なんぽ歯科クリニック新百合ヶ丘

麻生区/万福寺/新百合ヶ丘駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

幼少期の矯正治療の体験から、歯科治療もおこなえる医師に

南保 友樹 院長

父が麻酔科の医師であった事と、小学校の頃から矯正の治療をしていた事もあり、幼少期から将来は医師になりたいと思っていました。歯科医師は手先の器用さが求められる仕事なので、細かい作業が好きな自分に向いていると思い専攻しました。大学卒業後、昭和大学矯正歯科の医局に入局し矯正の診療をしていましたが、次第に歯科治療もおこなえる医師になりたいと思い、歯科治療の勉強をして技術を身につけ、2013年に川崎市麻生区の新百合ヶ丘駅に開院しました。新百合ヶ丘の街並みが気に入り、ファミリー向けのマンションや戸建ても多く、小田急線の利便性が良いところも決め手になりました。開院当初は、虫歯など歯科治療でお越し頂く患者さんが多い傾向にありましたが、現在は大変有難いことに矯正治療の口コミで新規来院される方が年々増えております。

一生自分の歯を守る為に必要な矯正と予防

南保 友樹 院長

当院は「歯を治す」のではなく、「予防する」ことをコンセプトにしている「矯正歯科+予防歯科」の専門クリニックです。虫歯や歯周病にならないようにケアするだけでなく、一生自分の歯を健康で清潔に保つことこそが「真の予防」と言えます。最近の歯科研究では、歯並び。かみ合わせに問題がある場合、80歳で20本の歯を維持する「8020」の達成が極めて低いことが明らかになっています。定期的に歯科検診を受ける人は増えてきていますが、歯並びやかみ合わせが悪いと細部まで十分なケアが難しいため、矯正をして健康を保ち易い歯の位置に改善することが大切だと考えています。矯正と聞くと、「見た目や美容の為に歯並びを治す」というイメージがある方が多いと思いますが、見た目を変える以上に、自分の歯を一生守る為に必要なことなのです。

歯の成長と年齢に合わせた適正な矯正治療を

南保 友樹 院長

当院では乳幼児から小学生のお子様と、30~40代の親世代が多く、ご家族で利用して頂いています。子供は小学生になると乳歯から永久歯に生え変わる時期になりますので、上下のアゴの適切な成長を促進し管理する為に、歯並びを改善する必要があります。適切な時期に矯正治療をスタートすることで、よりスムーズにキレイな歯並びと咬み合わせを得ることができます。「出っ歯」「受け口」「八重歯」など、咬み合わせの悪い「不正咬合(ふせいこうごう)」という状態になる原因の一つとして、クセや生活習慣が大きく影響しています。指しゃぶり、ほおづえ、口呼吸、舌の動かし方のクセなどにも、歯並びは影響を受けます。子供の矯正治療では、このようなクセを除去する矯正装置の使用や、クセの改善を図るトレーニングを行うことで歯並びを改善していきます。また、矯正以外にも乳幼児から虫歯を作らない食育指導も行っております。全ての乳歯が永久歯に生え変わった後は、大人の矯正治療となり、歯の移動による歯並びの改善をおこないます。当院では透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した最新の矯正治療もおこなっています。マウスピースは透明で目立たず、歯の痛みが少なく、食事の際に取り外しができ洗浄が可能で衛生面も安心してお使い頂けるなどメリットが多く、矯正中の見た目が気になって今まで治療に踏み切れずにいたという方にもお勧めしています。マウスピースでの矯正治療は患者さん本人による管理が必須になりますので、その他デメリットに関してもご理解頂いた上で治療を開始しています。

お客様に寄り添う丁寧なカウンセリング

当院では初診は問診の時間を十分とるようにしています。当院に来たきっかけ、患者さんが何を求めているのか、どうなりたいのかをしっかりヒアリングした上で、患者さん一人一人に合う治療法をご提案しています。また、専門的な話は口頭での説明だけでは伝わりづらい事も多いので、歯の模型や映像を使い、分かりやすい言葉を選んでお話するよう心がけています。矯正治療は、一般的な歯科治療と異なり、年単位での治療になります。矯正治療終了後も、定期的なメンテナンス・健診でお越し頂いていますので、患者さんとの付き合いも自然と長くなります。治療に関すること以外でも、日常会話からプライベートな話まで、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。

これから受診される患者さんへ

当院は、磨きづらく歯並びで悩んでいた・気になっていたことを解決できる矯正治療がメインのクリニックです。歯並びで悩んでいるけどどこに行けば分からないという方に是非足を運んで頂き、カウンセリングの上、お口の中の状態を確認して、患者さんに合った治療方針を決めていきますので安心してお越し頂ければと思います。ご自分の歯の悩みだけでなく、お子様の歯が気になりご相談を頂く場合も多く、ご家族でかかれるクリニックとして利用して頂きたいと思います。また、 ベビーカー連れのお母さんにもご来院頂けるよう完全バリアフリーを採用しております。乳児をお連れの方は、赤ちゃんを乗せたままベビーカーごと診療室にお入り頂くこともできます。 待合スペースは落ち着いたカフェのような空間作りをモットーに、待ち時間も有効にお使い頂けるよう窓側にはカウンターシートを設置しました。外の様子を見ながら、お勉強や宿題をしながら、または読書をしながらお待ち頂けます。 クッション製素材のキッズスペースのご用意もありますので、お子様連れでも気兼ねなく来院して頂きたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

南保 友樹 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 趣味・特技:読書
  • 好きな本・作家:実用書
  • 好きな映画:アクション、SF、『スターウォーズ』シリーズ
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:JPOP
  • 好きな場所・観光地:ディズニーランド、箱根

グラフで見る『南保 友樹 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート