麻生区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(麻生区)―

栄枝 浩介 院長/しんゆり矯正歯科(新百合ヶ丘駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

栄枝 浩介 院長

KOSUKE SAKAEDA

患者さん数を限定し、一人ひとりに寄り添った矯正治療を提供する。5000例以上の症例経験をもつスペシャリスト

日本歯科大学大学院にて矯正学を専攻。同大学や日本歯科大学新潟短期大学部、早稲田医学院などで講師を歴任し、現在、日本歯科大学臨床教授。1992年、しんゆり矯正歯科を開院(新百合ヶ丘駅南口より徒歩3分)。

栄枝 浩介 院長

栄枝 浩介 院長

しんゆり矯正歯科

麻生区/上麻生/新百合ヶ丘駅

  • ●矯正歯科

豊富な矯正治療の経験を持ち、講師としても活躍

栄枝 浩介 院長

私は高校時代、化学が好きで将来は教師など化学への興味を活かした職業に就こうと考えていました。しかし、医学の道に進んで欲しいという親の願いに沿う形で、医師になることを選びました。
大学院では矯正学を専攻。卒業後は矯正専門医として従事する一方で講師も務め、母校の日本歯科大学や早稲田医学院で後進の育成にも携わりました。今も母校の臨床教授として教鞭をとっています。1992年、しんゆり矯正歯科を開院しました(新百合ヶ丘駅の南口より徒歩3分)。私は矯正専門医や指導医の資格も持っているのですが、この道を選んだ理由は、「臓器」である歯が針金などの器具を使うことで目に見えて動くということにとても興味を魅かれたためです。

全ての年代の方に5つのポリシーに沿った完成度の高い治療を

栄枝 浩介 院長

矯正治療を受ける方の年齢は、お子さんから60過ぎの方まで幅広いですね。 当院も昔はお子さんが多かったんですが、今は大人で治療を受ける方も随分増え、今では大人の方の割合の方が多い位です。大人になってから矯正をおこなうのもよいのですが、症例によっては小中学生ぐらいの時からやるのが一番いいですね。 もしお子さんの歯並びが気になるのであれば、早めにご相談される方がいいと思いますよ。
私は今まで5000症例以上の矯正治療をおこなってきました。クリニックの近くに資料を保管するための専門のスペースがあり、開院以来今まで治療した患者さんのカルテはもちろん、使用した歯型なども全て保存しています。ですから以前治療を受けた方からの、調整してもらいたいというご要望にもお応えすることができます。
また、治療に際しては患者さんになるべく金銭的・時間的に余計な負担がかからないようにしたいもの。そこで当院では「お引き受けする患者数を一定数までとし責任ある治療を」「矯正専門医として35年以上、5,000症例以上の治療経験と最新治療法の導入」「納得・了承頂けるまで治療、後悔しない治療」「レントゲン検査や諸検査を極力少なく」「完成度の高い治療をより納得のいく治療費で」という5つのポリシーを掲げて治療をおこなっています。以前と比べてホームページを見て来院される方も多く、当院のポリシーを分かって受診いただく方も増えています。納得してご来院くださるのでとてもありがたいですね。
5つのポリシーで目指すのは、当然のことですが完成度の高い治療です。 私は、矯正治療と言う仕事は一生勉強だと思っています。まだまだ道半ばですが、より一層ポリシーに近づけるように、これからも日々精進していきたいですね。

患者数を限定し、豊富な経験に基づく最適な治療法を提供

栄枝 浩介 院長

高度な矯正治療をおこなうためには、流れ作業ではいけません。患者さんのお口の状態は1人1人違うからです。そのためにも診療する患者さんの数を限定し、より密度の高い治療を心がけるとともに治療にも責任をもって臨んでいます。
矯正治療に携わって30年以上になりますが、医療の世界も日進月歩。さまざまな治療法が開発され進化しています。時代とともに、当院でもさまざまな矯正治療を取り入れてきました。新しい治療法を導入する際に最も大切にしているのは、しっかりとしたエビデンス、つまり科学的根拠がある治療法です。患者さんには安心して治療を受けて頂きたいですからね。矯正装置も目的によって違いがありますので、常に色々な引き出しを持って患者さんに最適治療を提供できるようにしています。
一番基本的で確実な方法はワイヤーによる矯正ですが、お仕事など生活上の都合により、目立たず矯正をしたいという方も少なくありません。その場合には歯の裏側の舌側矯正やマウスピースなどを使った目立たない矯正をおこないます。
治療では基本的に非抜歯、つまり歯を抜かずに矯正することを目指します。ただし無理をする治療はおこないません。無理をすると、たとえ綺麗に仕上がってもうまく噛み合わないということになるんです。今まで多くの患者さんを拝見してきたため、無理しておこなうと予後が良くないということはお口を見ただけで分かります。その場合には患者さんを説得しますが、どうしても納得していただけない場合にはやらないほうがいいというご提案をすることもありますね。無責任な治療はできませんからね。無理やりあごを広げて治療を行われた結果、歯が歯列から飛び出してしまい、かみ合わなくなり、なんとかしてくださいと私共に相談にみえる方もいらっしゃるんですよ。患者さんのお口の状態に合わせた治療をご提案していきたいと思います。

患者さんが了解し納得できる治療を。もちろん安全面にも配慮

お口は一生使うもの。矯正治療は安易に考えると大変です。「納得・了承頂けるまで治療、後悔しない治療」というポリシーは患者さんにお話する時に最も大切にしていることですね。メリットだけでなくデメリットも含めて、事前にしっかりとを説明することが必要だと考えています。そして治療の際にはベルトコンベアに乗せたように治療するのではなく、患者さん一人ひとりに寄り添った治療をするということを常に頭に入れています。
治療の前にはまずお口の中を拝見し、お話を聞いた上で治療の見込みを立てます。その後検査をおこない、本格的な治療計画を立てるんです。身体への負担と少なくするために、なるべく検査を少なくし、レントゲン撮影も必要最小限にしています。特に、幼児小児に対しては、不必要なCT撮影は避けなければなりません。私共では、一回の撮影で受ける被ばく線量なども把握したうえで撮影しています。また、患者さんのレントゲン被ばく量を知るために、お薬手帳と同じようなレントゲン被ばく手帳が必要なのではと感じております。
また患者さんのお口の中を扱うお仕事ですので、使用する器具の滅菌にも細心の注意を払っています。薬剤や高圧蒸気を使って、自分の口に入れても大丈夫なことを基準とするなど、患者さんの身を自分に置き換えて治療環境を考えています。

これから受診される患者さんへ

矯正治療の有無に関わらず、日頃からしっかりとした歯磨きが必要です。実は歯のメンテナンスをしっかりしていると矯正治療もスムーズに進むことが多く、結果として治療の完成度もより高くなるんです。ですから患者さんにも、日頃から歯のケアについてはしっかりおこなってくださいねと申し上げています。私自身もいつも最低5分以上は磨いています。良い矯正治療をおこなうには日頃の歯磨きをしっかりすること、予約をしっかり守って、指示した装置をちゃんとつけてもらうことの3つが大切です。
矯正治療はどういうものか分からない方も多いと思います。しかし、十分な検証をせずにただ顎を広げるなど、安易に治療をおこなう方法を選んでしまうと後で困ることになります。そのためにもしっかりと経験を持ち、治療の見通しを立てられる先生を選んでほしいですね。治療先の選び方のポイントは、矯正認定医の資格を持っているのはもちろんですが、加えて、1000症例から1500症例の経験をお持ちの先生に受診すれば、さらに安心ではと思っております。少々手前味噌になるかもしれませんけれど(笑)。
もし、矯正の相談に行って内容に少しでも不安を感じたら、迷うことなく他の歯科医院で意見を聞くことをおすすめします。当院でもセカンドオピニオンをお受けしています。矯正治療について何かわからないことがあれば気軽にお聞きいただきたいですね。歯科コーディネーターが3名在籍し、患者さんとの窓口として対応しています。来院された方のカウンセリングもおこないますが、困ったことやわからないことなど、お電話での問い合わせにもしっかりと対応させていただきます。まずはお気軽にお問合せください。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

栄枝 浩介 院長 MEMO

  • 出身地:高知県
  • 趣味:美術館巡り、旅行、登山
  • 好きな本:医学専門書、池上 彰氏の著書
  • 好きな映画:バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ
  • 座右の銘:人事を尽くして万事塞翁が馬
  • 好きな音楽・アーティスト:モーツァルト、フォークミュージック(吉田拓郎など)
  • 好きな場所:山の見える風景(北アルプス、上高地、ヨーロッパアルプスなど)

CLINIC INFORMATION

しんゆり矯正歯科

麻生区/上麻生/新百合ヶ丘駅

  • ●矯正歯科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声